◎終了しました。

親子サバイバル体験11月_600px

 

josei_hyouji

 

『どうやったら3日間生き残れる!?』

いつどこで自然災害の被害を受けるかわかりません。夜かもしれないし、冬かもしれません。もちろん、外出している最中かもしれません。いざという時のために、最低3日間は自力で生きていくための基本的なことを少しだけ体験してみます。火おこしやシェルター作りなど、サバイバル気分を味わいながら学んでみませんか?

 

【日時】

11月9日(日)

9:30~15:30 (9:15受付開始)

【会場】

三条市グリーンスポーツセンター (三条市柳沢1572)

 

【活動内容】

◎午前:非常用持出袋作成ワークショップ(災害時に持ち出す袋に何を入れておけばよいかを考えてみよう)
◎昼食:非常食調理・試食体験(熱湯を注ぐだけで食べられるアルファ米やパスタなどを試食しよう)
※試食は少量ですので、昼食もお持ちください。
◎午後:親子サバイバル体験(火おこし、野外調理、水の煮沸、シェルター作りなどを体験しよう)

【募集対象】

小学校1~6年生とその保護者

【定員】

小学生20人、保護者20人(先着順)

【参加費】

1人300円(保険料、材料費として)
※当日受付時にお支払いください。

【指導者】

防災・救命インストラクター 鳥羽和明(三条シェアリングネイチャーの会 代表)

【服装】

動きやすく、多少汚れてもいい服装で参加してください。屋外に出る時間もあります。

【持ち物】

水分補給用の飲み物、昼食、軍手
※家庭に非常用持出袋を備えている人はぜひお持ちください。

【申込み〆切】

11月6日(木)まで

【主催】

三条シェアリングネイチャーの会

【お問い合わせ】

お問い合わせページよりお願いします。

【参加お申し込み】

定員に達したため、受付を終了しました。