◎終了しました。

 

 

josei_hyouji

 

『いざという時にも役立つアウトドアスキルを学び、子どもたちにも指導できるようになりませんか?』

三条シェアリングネイチャーの会では、子どもたちを対象とした火おこしやたき火体験、非常食の調理や竹筒炊飯などに挑戦するサバイバル体験などの活動を行っています。また外部からも防災キャンプ事業などへの講師依頼が寄せられることもあります。そこで、子どもたちにサバイバルプログラムの指導ができる方を養成する講座を開催します。実際にプログラムを体験しながら、子どもたちに指導する際のポイントや注意点などを知っていただく内容です。受講後、希望者は「さんじょうサバイバルリーダー」の認定を受け、サバイバル体験活動の場で講師やスタッフとして活動できるようになります。

IMG_7548 IMG_0040

昨年度の開催レポート

★6月に開催した第1期の養成講座のレポート
さんじょうサバイバルリーダー養成講座1日目を開催しました
さんじょうサバイバルリーダー養成講座2日目を開催しました

★8月と9月に開催した第2期の養成講座のレポート
さんじょうサバイバルリーダー養成講座 第2期を開催しました

★10月に開催した第3期の養成講座のレポート
さんじょうサバイバルリーダー養成講座 第3期を開催しました

 

日時

① 3月12日(日) 9:30~17:30 (9:15受付開始)
② 3月26日(日) 9:30~16:30

※2日間すべての受講が必要です

会場

三条市グリーンスポーツセンター (三条市柳沢1572)

 

カリキュラム

◎3月12日(日)
午前:開講式、オリエンテーション、講義「サバイバルとは? 身につけてほしいサバイバル体験活動について」(1時間)
昼:実習「非常食調理・試食」(1.5時間)
午後:実習「原始的な火おこし」(3時間)、「着火ライターと新聞紙を使わずにたき火をつくる」(1.5時間)

◎3月26日(日)
午前・昼:実習「竹筒炊飯とポリ袋調理」(4.5時間)
午後:実習「基本のロープワーク」(1時間)、実習「ツナ缶、サラダ油を使ったオイルランプ作り」(1時間)、講座のふりかえり、閉講式

※希望者は、三条シェアリングネイチャーの会が認定する「さんじょうサバイバルリーダー」の資格を取得できます。

募集対象

子どもの野外活動に関心のある人、地域の防災イベント等で子どもを対象に指導やスタッフをする機会のある人

定員

15人(先着順)

受講費

1人 2,000円
※当日受付時にお支払いください。
※受講費は2日間通して2,000円です。

指導者

災害対策インストラクター 鳥羽和明(三条シェアリングネイチャーの会 代表)

服装

動きやすく、汚れてもいい服装で参加してください。

持ち物

筆記用具、水分補給用の飲み物、食器、軍手、タオル

申込み〆切

3月8日(水)まで

主催

三条シェアリングネイチャーの会

お問い合わせ

お問い合わせページよりお願いします。

受講お申し込み

受講ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。特に理由がない限り、3営業日以内に確認のメールをお送りします。

 受講お申し込み前にご確認ください
講座中はスタッフによる写真・動画撮影を行います。撮影した写真・動画は、当会が作成・管理する報告書、活動募集チラシ、活動レポートなどの広報物、ホームページ、Facebookなどで使用させていただきます。

 

※受講者全員に傷害保険をかけるため、個人情報を入力していただきます。

受付を終了しました。