◎終了しました。

icebresk-F_600px

 

josei_hyouji

 

『アイスブレイクって、どんな時にどう使えばいいの?』

アイスブレイクという言葉、聞いたことある方が多いのではないでしょうか? 「緊張をほぐす」「よい雰囲気を作る」など、その目的も内容も様々です。子どもたちの体験活動の場でも、参加者の緊張をほぐしたり、集中力を高めたり、チームワークを高めたい時など、アイスブレイクというものが役立ちそうです。それがうまくいくかどうかで、その後の活動の質が変わることもあるでしょう。今回のセミナーでは、講義だけでなく体験もしていただきます。すぐに現場で使えるアイスブレイクを、ひとつでも多く持ち帰ってください。

 

【日時】

11月24日(月・振休)

13:30~16:30 (13:00受付開始)

【会場】

燕三条地場産業振興センター リサーチコア7階 マルチメディアホール
(三条市須頃1丁目17番地)

 

【セミナー内容】

◎第一部:講義「アイスブレイクってなんだろう?」(自然体験活動におけるアイスブレイクの有効性、目的、留意点、事例などを学びます。)
◎第二部:アイスブレイク体験(参加者をいくつかのグループに分けて、自然体験活動の現場で活用できるものを中心に、10種程度のアイスブレイクを実際に体験してみます。)

【募集対象】

子どもたちの体験活動の指導者やボランティア、教員、保育士、大学生、その他子どもの体験活動に興味・関心をお持ちの方など、どなたでもご参加いただけます。

【定員】

100人(先着順)

【参加費】

1人500円
※当日受付時にお支払いください。

【講師】

青木将幸ファシリテーター事務所 代表 青木将幸 氏

profile10

<プロフィール>
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。95年よりNPO向けの団体運営トレーニングの開発に関わる。企画会社ワークショップ・ミューに参画した後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。2012年より拠点を淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。

2014年現在、
青木将幸ファシリテーター事務所 代表
NPO法人 淡路島アートセンター 理事
南海道ネットワーク 世話人
北九州市立大学/都留文科大学 非常勤講師  などをつとめる。

「日本を市民社会にするにはプロ意識と志を持ったファシリテーターが3万人は必要」というのが持論。

<著書>
『市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門』(ハンズオン埼玉)
『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版)
表紙

 

【申込み〆切】

11月20日(木)まで → 11月23日(日・祝)まで

【主催】

三条シェアリングネイチャーの会

【お問い合わせ】

お問い合わせページよりお願いします。

【参加お申し込み】

受付を終了しました。

 

 

 

icebresk-R_600px