さんじょうサバイバルリーダー養成講座1日目を開催しました

IMG_7572

6月13日(土)に、今年度初開催となる「さんじょうサバイバルリーダー養成講座」を開講しました。日帰り2日間の講座のうち、無事に1日目を終了しました。

これは、子どもたちに火おこしや焚き火、非常食の調理など、“いわゆる”サバイバル体験的な要素を含んだ活動の中で指導者やサポートスタッフとして活躍していただける方を増やそうと開催しているもので、今開催が第1期となります。

初日のこの日は、生存のために必要な要素とその優先順位を知っていただく講義の後、昼食ではアルファ米などを調理して食べ、午後からは原始的な火おこしと新聞紙と着火ライターを使わずに焚き火をつくることを実習していただきました。まずはそれぞれが体験することでやり方を知ってもらい、その中で実際に子どもや親子に指導する際のポイントなどについて解説を加えました。

三条シェアリングネイチャーの会では昨年度から、防災キャンプでの指導依頼や火おこし体験などの指導依頼の問い合わせなどを数件いただくようになりました。実際に指導にあたれる人材を増やしたいことと、子どもたちへのサポートができる人材を増やしたく、今年度はこのさんじょうサバイバルリーダー養成講座を3回開催する予定です。火おこしや焚き火などのアウトドア活動が好きな方で活動のお手伝いに興味のある方には、ぜひ受講していただきたい講座です。

2日目の講座は6月27日(土)に開催します。

またこちらのページで、第2期の受講生を募集しています。8月30日(日)と9月5日(土)に開催します。

【講座の様子】