さんじょう自然学校 親子サバイバル体験を開催しました

IMG_1448

11月28日(土)に「さんじょう自然学校 親子サバイバル体験」を開催しました。この活動は今年度2回目の活動で、前回同様、燕市子ども体験活動支援センターの岡部裕一さんにも講師を務めていただき、子どもたちにサバイバル的な体験をしてもらいました。

もう11月も末ですからね。気温も低く、冷たい雨が降る中での開催となりましたが、できるだけ外で活動したかったので、午前中は雨を避けられる屋根の下で原始的な火おこしに挑戦してもらいました。これだけ気温が低く湿度が高いと、大人でも火種を作ることはなかなか難しいものです。

午後からはシェルター作りを体験。晴れていれば枝や落ち葉を拾い集め、自然物を使ったシェルター作りにも挑戦したかったのですが、雨が降っていたため室内でロープワークの練習をした後、ロープとブルーシートを木に縛ってのシェルター作りを体験しました。雨と風を少し避けるだけで、体感温度が随分と変わることを肌で実感していたようです。

次回はしばらく先の春の開催になりますが、2016年3月27日(日)に開催します。興味のある方はぜひご参加ください。

【活動の様子】